読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爽介の気になった話題

爽介のブログ

米寿のお祝いに贈り物を贈ったり、お祝いのパーティーを開くことが一般的です。

ワーク

時速60キロメートルになっても振動はほとんどない。
エンジンの回転音が大きくなるガソリンエンジン車と違い、高速になっても静かなままだ。
FCVを量産するのはトヨタとホンダだけだが、ホンダはトヨタに先行を許した。
トヨタは14年12月に4人乗りのミライを723万円で発売。
ホンダは1年以上遅れ、価格は40万円以上高い。
それでも開発担当者は私たちは一つ先に行っていると言う。
自信の根拠はミライよりも長い航続距離と、15%強いモーターの最高出力が生む機敏な走り。
そして定員が1人多い5人乗りであることだ。
駆動機構をボンネットに収め て室内空間を広くした。
だが、FCVは車の性能向上だけでは普及しない。
決め手が燃料を供給する水素ステーションだ。
国内に80カ所強ある商用の水素ステーションは建設費がガソリンスタンドの約5倍の4億~5億円。
国が補助金を出しているが整備は遅れ、場所が大都市圏に偏るため地方への遠出が難しい。
ホンダが今回、FCVとともに公開したスマート水素ステーションは、設置面積が従来の20分の1から30分の1。
設置コストは10分の1程度だ。
トラックで運べ、1日あれば設置できる。
撤去も簡単で需要が多い場所にすぐ移せる。
太陽光など再生可能エネルギーで水を電気分解して水素をつくる。
ノズルをFCVの充填口に差し込むと、3分程度で満タンになる。
16年末ま でに少なくとも計8カ所で稼働する計画。
大都市だけでなく東北や四国といった地方でも積極展開し水素供給網を手厚くする。
トヨタのミライも使えるようにしてFCVの普及を促す。
さらに、FCVから電気を家庭や医療機器向けに供給する外部給電機器も開発した。
~今日のおすすめ情報~
気になった事です。
米寿のお祝いに贈り物を贈ったり、お祝いのパーティーを開くことが一般的です。
米寿のお祝いとして贈る贈り物の伝統的な定番としては、金色や黄色のちゃんちゃんこが挙げられます。
長寿のお祝いには、還暦は赤、古希や喜寿は紫、白寿や百寿は白など色が決まっており、米寿は金や金茶色、黄色と決まっています。
長寿のお祝いではその色のちゃんちゃんこを贈るという習慣があるため、米寿のお祝いには金や黄色のちゃんちゃんこを贈ります。
米寿のお祝い